便秘に効くお茶って安全?副作用はないの?

便秘に効くとされているお茶はたくさんありますが、副作用なく安全に飲用できるのか、不安になりますよね。
お茶は、便秘薬に比べて緩やかに効いていくイメージのあるお茶ですが、種類によっては下剤かと思うような強力な効果のものもあります。
実際に下剤として使われる漢方を配合している場合も多く、そういったものを長く飲用していると逆に便秘が悪化したり腸の病気になってしまうなんてことも…。
では、副作用の無い安全なお茶を選ぶにはどうしたらいいのでしょう。
まず、センナ、アロエ、キャンドルブッシュなどが含まれていないかを確認しましょう。
これらの原料に含まれる成分は下剤と同じで、強力ですが副作用の恐れがあります。
また、目安の一つとして「妊娠中や授乳中の方、お子様は飲用をお控えください」という注意書きがあるかどうかを確認してみましょう。
妊娠中の人や子供が飲んではいけないということは、それだけ副作用の危険性があるということです。
また、即効性をうたっているものも要注意ですね。
お茶は薬ではないので、飲んだらすぐに効くということは本来ありません。
体に負担をかけず、ゆっくりと効き目を発揮するからこそ安全だと言えます。
これらに注意して、安全で飲みやすいお茶を探してみましょう。

 

 

妊婦の便秘に漢方やお茶がいいのはなぜ?

妊婦が便秘になった場合、漢方やお茶で治すのがベストです。
妊婦が安易に薬品を飲むことは、胎児に影響を及ぼしかねません。
薬品はほぼすべて副作用がありますので、極力控える必要があります。
一方、漢方やお茶は天然のものからつくられています。
例えば、ある種のハーブや木の根っこなどが、原材料になっています。
そのため、比較的安心して飲むことが出来ます。
もちろん漢方やお茶であっても、適切な量を医師の指示のもとで飲むことは大切です。
自然界ものであっても、妊婦は避けた方が良いものがあります。
では、どのような漢方が効果的なのでしょうか。
大黄や甘草は腸の動きを活発にし、便秘による腹痛を緩和する働きもあります。
お茶でいえば、食物繊維を豊富に含む黒豆茶やゴボウ茶が効果的です。
また、お茶の場合は、濃くしたり、薄くすることで効き目が調節出来きるので自分にあった飲み方が工夫できます。
妊婦は便秘になりやすいので、こうしたお茶を飲んで解消することをおすすめします。
飲み方は、なるべく常温で飲むことが効果的と言えます。
冷たいお茶を飲むことで、身体が冷えてしまい、腸内環境に良くありません。
特に妊婦は温めたお茶を飲むようにしましょう。

 

 

便秘に良いノンカフェインのお茶は何?

お茶にはカフェインが含まれているものが多いのですが、カフェインの摂りすぎは便秘の原因になってしまいます。
これはカフェインの利尿作用により、水分が不足し、便が固くなってしまうことが原因です。
便秘の場合、カフェインの摂取には注意しなければなりません。
ノンカフェインで便秘に良いお茶には、黒豆茶やタンポポ茶がおすすめです。
黒豆茶には食物繊維が多く含まれていて、便秘に効果的です。
さらに、女性ホルモンを促進するイソフラボンや、ポリフェノールも含まれていますので健康や美容にも良いと言われています。
また、タンポポ茶は、漢方でも使われていて、便秘解消以外にも様々な効果が期待されています。
冷え性、疲労回復、母乳不足改善などの作用があり、妊婦中にも人気のお茶です。
タンポポ茶は焙煎されることでコーヒーと似た味になります。
コーヒーが飲みたい時にノンカフェインのタンポポ茶を代用させるのも良いでしょう。
これらのお茶はノンカフェインで、味も飲みにくいものではなく、飲料水として子供からお年寄りも日常的に飲むことが出来ます。

 

 

乳児におすすめな無添加のお茶は何?

乳児が便秘で苦しんでいる場合には無添加のお茶がおすすめです。
乳児の場合、便秘の原因として多いのが水分不足です。
乳児は代謝が良く、汗やおしっこの量が多いので、水分をしっかりあげていると思っても不足していることがあります。
お茶にはカフェインが多く含まれているものが多いため、乳児の身体におすすめできません。
カフェインは刺激が強すぎるため夜泣きの原因にもなります。
生後1ヶ月以上であれば、ベビー用品店などで販売されている無添加のお茶を飲ませましょう。
便が硬くい場合、母乳やミルクだけでは水分が足りていないので、無添加のお茶や白湯などで水分補給することが大切です。
麦茶もノンカフェインなので良いでしょうが含まれている成分に注意して選ぶようにしましょう。
飲ませすぎるとお茶だけでお腹一杯になってしまい栄養が不足してしまいます。
また夏だからと冷たいものを飲ましていると便秘や下痢になってしまうので常温の状態で、まずはスプーンで数杯与えるところから始めましょう。
ある程度大きくなれば、赤ちゃん用のマグを使わせてもよいでしょう。
特に離乳食がスタートした段階で水分不足は起こりやすいので水分補給は大事です。

 

 

便秘に効くと口コミで話題の市販のものには何がある?

便秘のときは気分が落ち着かなくなったり、イライラしたり、肌荒れが起きたりとトラブルが多くなります。
普段から便秘に良い食事を摂ったり、適度な運動を心掛けていても、ストレスが重なったり、忙しくなったりするとどうしても生活が不規則になり、便秘になってしまうことがあります。
そんな時に、市販のお茶はおすすめです。
水分を多めにとっておくことは胃の活動を活発にしてくれますし、老廃物をスムーズに排出してくれる作用があります。
市販のお茶でも便秘に良いものがありますので、普段から水分補給のために習慣にしておけば、生活が不規則になっても便秘に悩むことが少なくなります。
口コミで話題になっている市販のお茶は、プーアール茶、ハーブティ、キャンドルブッシュです。
ノンカフェインで残留農薬ゼロ、自然素材のオリジナルブレンドがダイエットにも肌トラブルにも効くと口コミでも大評判です。
オリゴ糖が入っているものは、おなかの調子を整えてくれる作用が期待できますので、腸内環境を整えたい方におすすめです。
しょうが、ローズヒップ、ハイビスカスなどが入っているものは、香りも優しくお茶の時間が楽しみになると口コミでも続けやすい理由として挙げられています。

 

 

関連サイトはこちら

便秘を解消するためにはお茶が効果的ですが、具体的にはどんなお茶を買ったらいいのか?というのは悩む部分かと思います。
もしあなたがそんなことを思っているのなら、ここで紹介するウェブサイトを参考にしてみてください。
便秘で困っている人向けの情報がたくさん載っています。
関連サイト「便秘にお茶は効果がある